2019エーザイのリストラ!想定の3倍が応募!リストラ転職対策を考える!

スポンサーリンク
リストラ対策

エーザイが2018年10月25日付けでリストラを発表したことは、以前記事でも考察を書いておりました。

エーザイ2018年12月にリストラ実施!今すぐ行うべき転職対策!
誰もが知る大手製薬会社「エーザイ」が2018年12月にリストラを断行するニュースが飛び込んでまいりました。そしてそのリストラは毎年段階的に3度実施するとのことです。もはや他人事では有りません。いつどの製薬会社でもリストラが発表されてもおかしくない昨今。もう待った無しの状況です。今すぐ行うべきリストラ転職の対策についてご紹介致します!

エーザイは2014年にもリストラを行なっておりますが、その時は当時全従業員の9.6%に相当する396人が応募致しました。そして今回2019年3月から段階的に3年間、100名規模のリストラを行うと発表致しましたが、想定の3倍もの応募があったことが発表されました。

エーザイ従業員、1割弱希望退職 想定の3倍が応募
エーザイは18日、募集した希望退職に300人が応じたと発表した。想定の約3倍で、昨年末時点で3400人余りいる単体従業員数の1割弱に当たる。3月31日付で退職する。退職金の上...

 

このブログでも何度もご紹介しておりますが、リストラ(早期退職)とはあくまでも手を挙げるか挙げないかは個人の判断に委ねるとしておりますが、現実はそうでは有りません。

製薬会社のリストラの実態についても過去に記事を書いておりますので、ご参考にしてください。

製薬会社MRリストラ体験談!実際の面接とその時の会社の雰囲気は!?
現在早期退職制度という名の「リストラ」が世間を賑わしております。リストラ実施前後の会社の雰囲気はどのようなものなのでしょうか?実際にリストラの生の現場を目撃した実体験と、リストラ断行会社にお勤めの方から聞いた実態についてご紹介致します。

似て非なるエーザイと日本ベーリンガーインゲルハイムのリストラ

2018年にリストラを断行した製薬会社は数知れずです。今回のエーザイと同じ例と言えば、昨年6月にリストラを断行した日本ベーリンガーインゲルハイムが人数的に近いものがあります。ベーリンガーは30歳以上の勤続1年以上の社員で一部の部門を除いたほぼ全社員が対象になったようで、330人の募集に対し、400人以上が応募したと言われております。

 

今回のエーザイもそれに匹敵する300人の応募があったようですが、日本ベーリンガーインゲルハイムとの大きな違いは対象が「45歳以上かつ勤続5年以上の社員」ということです。ほぼ同じような条件で現在ノバルティスファーマもリストラを断行中です。昨年のベーリンガーのリストラでは30歳以上としてしまったことから、優秀かつ今後を担うであろう多くの若手が辞めてしまったと聞いております。30歳代ではまだ製薬他社での道筋が見えますが、エーザイとノバルティスは45歳以上ですので、他業界への転職はまだしも、給料が高い製薬他社への転職は大変厳しい状況かと思われます。

製薬会社に勤めているのであれば年齢に関係なく明日も我が身!今からでも出来る転職対策!

製薬業界以外は人手不足の昨今。「転職は35歳が限界!」は製薬業界以外ではまだまだ35歳でも転職可能ですが、製薬業界に限ったら周りを見渡してみても当てはまるかも知れません。よっぽど手に職がない限理、MRだけの経験では40歳以上の業界内での就職は大変厳しい世の中になってしまいました。

 

今回のエーザイは45歳以上の勤続5年以上でしたが、日本ベーリンガーインゲルハイムは30歳以上金属1年以上でした。「自分は若いから大丈夫!」と思っていては大間違いです。すでに斜陽産業となっている製薬業界に勤めている限りは、常に危機感を持っておくことはこの先大変重要なことです。

 

日本の人口減少と超高齢化社会の到来、国の薬価制度抜本改革や、ジェネリックの国策化、新薬が生まれにくい構図となっております。このような背景から、近年の業界を取り巻く環境でも比較的将来が安泰と言われているバイオ医薬品やオンコロジーを持っている会社でさえ、安泰とは言えない時代です。誰しもが危機感を持って日々を過ごしてください。

 

では将来に向けての具体的な備えとは何をすれば良いのでしょうか?このブログでも度々ご紹介はしておりますが、改めてご紹介致します。

将来安泰と言われている製薬会社にお勤めでも転職サイトには複数登録する!

これは私が他の記事でも繰り返し述べてきていることです。転職サイトに登録することで、エージェントから第3者的な意見をもらうことが出来ます。自分が今の会社で出世を目指すべきか、それとも同業他社でも働けるスキルを持ち合わせているか、履歴書や職務経歴書を書くことで自分の意外な才能に気が付いたりもします。

 

また転職サイトは1社だけでなく、2社以上を登録することをおすすめ致します。色んな方から色んな意見をもらいましょう!

 

ご自身の会社でいざリストラ(早期退職)が発表された時に、転職サイトに登録しておくことは大きな支えとなります。リストラが発表されたと同時に登録しようものなら、時すでに遅しです。その時にはすでに市場に人が溢れかえっているからです。もし転職サイトに登録されていない方は、気が付いた今のうちにぜひ複数登録しておきましょう!

製薬会社MRにおすすめの転職サイトについては、以前記事を書いております。こちらもご参考にして頂ければと思います↓

製薬会社MRがおすすめする転職サイト・エージェント8選!
製薬会社はもはや終身雇用は約束できない時代になりました。そんな早期退職(リストラ)時代に早めの備えをしておく為に、転職サイト・転職エージェントに登録することをおすすめ致します!製薬会社MRにおすすめの転職サイトをご紹介致します。

いざ自分がリストラ(早期退職)の標的に会う前に・・ 業界内での人脈を形成しておく!

リストラ(早期退職)前から業界内での人脈をしっかりと形成されている方は、年齢に関係なく業界内での転職を果たしているというのが私が持っている印象です。人はいつどこで、どう繋がるかわかりません。

 

つながりといっても頻繁に会うまでとは言いません。今はSNSとかで簡単に繋がってしまう時代です。そんなSNSなどのゆるい繋がりでも、いざという時に同業他社からお声かけ頂いたりするということが多い印象があります。ただSNSで繋がっていれば良いというものでもなく、たまにコメントをするなど存在感を出しておく必要もあります(笑)

 

なざ私がここまで人脈の話をするかと申し上げますと、実際に私が過去4回の転職の内、2回が人脈からの転職だったからです。人からの紹介での転職は、ほぼほぼ100%入社間違いなしのプラチナチケットです。転職サイトに登録し、エージェントを介してからの入社試験よりも断然入社率が高いのが「人脈」なのです。

誰もが知る転職サイト!業種に限らず求人数が豊富!↓

リクナビエージェント

20代の転職に強い!転職サイト!↓

マイナビエージェント

日本最大の外資系転職サイト!外資系の転職はこちら↓

JAC Recruitment

リクルートが運営する転職サイト!製薬の求人に強いのが特徴! リクナビNEXT側からオファーがくる!↓

リクナビNEXT

薬剤師の転職に強い!転職サイト! 薬剤師をお持ちの製薬会社MR薬剤師をしたい!という方はこちら!

リクナビ薬剤師

転職に関するノウハウが豊富!業界専任のキャリアアドバイザーが付く!

パソナキャリア

人脈形成方法について、以前記事を書いておりますので、ぜひ参考にしてください!↓

製薬会社MRの人脈は転職に役立つ!
会社からリストラが発表されて、転職活動をしようにも年齢的にも難しいかも…そんな時に大切にしてきた人脈が生きて、望み通りの転職を果たせた!という話を耳に致します。私もそうでした。ここでは人脈の大切さが転職に生きる!ということについて私の経験から語ります!

いざ自分がリストラ(早期退職)にあった時のために・・どこでも使えるスキルを今のうちに身につけておく!

またいざリストラ(早期退職)が断行され、自分が標的にあった時のために、引き出しは必ず必要です。「自分はMRしかやったことがありません」はもはや同業退社では必要ありません。これからは付加価値を持った方がますます重宝される時代になります。そのために引き出しが必要なのです。

 

では引き出しとはなんのことでしょうか?まずは資格取得です。資格といってもだた闇雲に取るのでは意味がありません。その資格が自分自身や組織にどのような影響を与えるのか?そこが重要になって参ります。

これからの製薬会社MRに必要な資格について以前記事を書いてますので、こちらも参考にしてください↓

製薬会社MRに今後必要な資格とは?パート1
いざリストラが発表された時に、「MR認定証」しかなかった…そんな方を多くお見かけして参りました。そこで最近は何か資格をと資格を取得する方が増えてきておりますが、製薬会社MRが転職するにあたりポータブルスキルとして活用出来る資格をご紹介!
製薬会社MRに今後必要な資格とは?パート2
製薬会社大手から次々とリストラが発表される昨今、製薬各社にお勤めの方、MRの方は自分磨きをしておりますか?いざリストラが発表された時のために「持っていても良かった!」「今すぐ取得するべき資格は?」について、私の経験からご紹介!

またMR経験しかない方は、他部署を経験されることを強くおすすめ致します。MRしかやったことがないと、自社に残るにしても他社に行くにしても潰しが利かない、また環境の変化に対応できない人というレッテルを貼られます。異動希望がある製薬会社にお勤めの方は、リストラ(早期退職)が断行れれる前に、ぜひ他部署を経験することをおすすめ致します!

それでも製薬業界で働けなかった時のために・・趣味を仕事にする!

リストラ(早期退職)には良い面があります。それは通常の退職金に加え、上乗せで特別退職金がもらえることです。今回のエーザイのリストラ(早期退職)では最大60ヶ月の上乗せがある方がいらっしゃったと聞いております。年収の5年分です。加えてリストラ(早期退職)を断行する会社は、有休の買取もあるようですので、自主退職するようにもはるかに多額のお金がもらえるわけです。

 

過去リストラ(早期退職)に応募された方で投資が趣味だった方がおりましたが、その方は多額の退職金を元に株や投資信託、そして不動産業を始められました。趣味が高じての開業です。その他趣味をお仕事にされている方も多くいらっしゃいます。そのような第二の人生の送り方もありかと思います。

2019エーザイのリストラ 想定の3倍が応募!リストラ転職対策を考える!まとめ

今回のエーザイの想定の3倍もの応募があったというリストラ(早期退職)。それが今後2年継続的に続くとのことですので、エーザイの先行きが不安です。しかしこれは製薬会社にお勤めの方なら明日は我が身の出来事です。

 

リストラ(早期退職)を断行し、自分が標的にあった方のほとんどが、「まさか自分の会社でリストラが起こるなんて」「自分がリストラの標的にされるなんて夢にも思わなかった」とおっしゃってます。それくらい突然起こるのがリストラ(早期退職)なのです!

 

私の身の回りではすでに多くの方が備えをされております。備えをされている方の多くは、いざリストラがあった時には問題なく残留や望み通りの転職を果たしております。製薬業界にお勤めの方は、ぜひ危機感を持って常に備えをしておきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました