製薬会社MRがおすすめする転職サイト・エージェント8選!

スポンサーリンク
転職ノウハウ

2019年に入っても製薬会社のリストラ(早期退職)のニュースが途絶えません。特に今までリストラを行わずに、社員の雇用を守ってきた国内中堅メーカーでもついにリストラ(早期退職)が発表されてしまいました。

協和発酵キリンと鳥居薬品でリストラ発表!国内中堅メーカーにも早期退職の波が押し寄せる!
社員の雇用を守る、リストラをしないというイメージが強かった国内中堅製薬会社の「協和発酵キリン」と「鳥居薬品」で相次いでリストラ(早期退職)が発表されました。製薬会社のリストラは加速しております。改めて今すぐできるリストラに対する備えについて考えて参ります。

過去の記事でも書いておりますので繰り返しになりますが、一斉を風靡し不況に関係なくバブリーな時代を過ごしてきた製薬業界。数年前からその終焉を少しづつ感じてはおりましたが、2018年4月の薬価改定・診療報酬改定以降、特に急激に業界が傾いた感があります。

みなさまはいつ訪れるかわからない早期退職(リストラ)への備えはしておりますでしょうか? 転職するにしてもしないにして、今の自分の市場価値を知るために転職サイト・エージェントへ登録しておくことはいざという時には大きなリストラ対策となります。

 

製薬業界がリストラの真っ只中の状況で、「自分は十分成果を出しているので大丈夫!」と思って、備えがないというのは今のご時世大変リスキーです。どんなに成果を出している方でも、時代の変化に対応できない方は真っ先にリストラ候補だという現状を知っておきましょう。

 

では何から始めたらよろしいのでしょうか?まず手っ取り早いのが、上記で述べた通り転職サイト・エージェントに登録して「自分の市場価値を知ること」です。ここをきちんと自己分析しないと、いざリストラにあった時に、

 

「今の会社に残るのか?」

「同業他社に活躍の場所を求めるのか?」

「他業界へ転職するのか?」

 

が見えてきません。そこでまずは転職サイトに登録して、エージェントから第三者的なご意見を頂き、ご自身の方向性を探ることをおすすめ致します!

ただし昔の転職サイトはどこも業界未経験者求人が豊富であることが売りでありましたが、今は各社リストラを行っているくらいなので、製薬会社MRの求人自体がかなり少なく、業界未経験という求人はほとんど見かけません。一部のコントラクトMR会社くらいでしょうか。今は業界経験者を中心とした求人ばかりです。その中でも転職歴4回の私が厳選した転職サイトについて以下にご紹介致します!

転職エージェント専業で30年!老舗の安心感!製薬会社MRの求人も豊富! リクルートエージェント

「30年の実績!老舗の安心感、業界屈指の求人数、転職実績NO.1!」が売りなのが「リクルートエージェント」です! 大手製薬会社を含めて常時メディカル業界1,500社以上の求人を持っております。私も常時こちらのサイトには登録して、エージェントの方からご意見を頂いております。

 

通常は転職サイトに登録したらエージェントとの面談を行います。そこで「どのような職種に就きたいのか?」「希望勤務地」「希望年収」などを細かく聴取されます。その後電話やメールなどで厳選された求人を紹介されます。リクルートエージェントではこのやりとりも真摯に対応してくれます。

 

地方にいる場合は東京まで面談しに行かねければいけないのか?ということですが、その必要はありません。対面式の面談は行わずに電話での面談が可能です。「リクルートエージェント」は、エージェントに直接会って面談することはありません。

 

何かと安心の「リクルートエージェント」製薬会社の求人の多さはもちろん、他業種も含めた可能性を探ることを考えている方にもおすすめしたい転職サイトです↓↓

リクルートエージェント

エージェントとの面談の必要なし! 企業から直接オファーが来る リクナビNEXT


リクルートエージェントが一人一人にエージェントがついて、しっかりと理想の転職に向けてフォローしてくれるのに対して、Web上で経歴などを登録すれば、誰でもどの求人にも応募することが可能なのが「リクナビNEXT」です!

 

また求人検索や企業への応募だけでなく経歴を登録しておくと、興味を持った企業や400社を超える提携転職エージェントから直接オファーが届きます。

 

私も「リクナビNEXT」に登録しておりますが、ただでさえ製薬会社MRの求人が少ないこのご時世でも、製薬会社からのオファーメールがかなりの数で届きます。ただし履歴書や職務経歴書を詳しく書かなければ、企業側の目に触れることはありませんので、自分が積み重ねてきたキャリアを自信を持ってWeb上に書き込みましょう!

 

「リクナビNEXT」はエージェントとのやりとりが面倒な方にはおすすめの転職サイトです!また企業から直接オフォーメールが届き、期日内に面談の申し込みをするだけですので、エージェントを介しての面倒なやりとりはありません。まさにお忙しい方向けの転職サイトとも言えます↓↓

営業の求人ならリクナビNEXT

リクルートが運営するハイクラス転職サイト キャリアカーバー

CAREER CARVER

リクルートが運営するハイクラス専門の転職サイトが「キャリアカーバー」です。厳選ヘッドハンターがキャリアの相談を受けてくれますので、高収入の製薬会社MRに向いている転職サイトと言えます。

 

ヘッドハンター数は600名、年収600万円以上の求人数も6,000件以上を数えます。外資系製薬会社の希少疾患に関する案件と、外資、内資問わずの立ち上げ案件が豊富にあります!今以上の仕事がしたい!妥協しない仕事を選びたいなら「リクルートキャリアカーバー」がおすすめです↓↓

ハイクラス限定の転職サイト「CAREERCARVER」

外資系の転職が豊富!外資系企業への転職なら JAC Recruitment

外資系企業の求人が多く、特に関東圏の日系・外資系企業の求人が豊富なのが「JAC Recruitment」です! 

 

日本での歴史も29年と長く、転職支援実績も43万人、コンサルタントの総数は1,200人!東証一部上場企業であり、売上規模では、リクルートエージェント、DODAに続き、業界3位となっております。外資系のエグゼグティブの案件や、バイオベンチャーへの転職案件も多くありますので、外資系のバイオベンチャーで仕事がしたい!という方におすすめなのが「JAC Recruitment」です!↓↓

年収アップを実現したい方に。外資系企業への転職はJAC Recruitment

MRを続けたい方へ!コンテンツが豊富! パソナキャリア

今後もMRを続けたい方に向けてのコンテンツが豊富なのが「パソナキャリア」です。また転職業界トップクラスの16,000社の求人情報を扱う転職エージェント「パソナキャリア」ホームページでもその転職ノウハウや業界の事情などが細かく紹介されております。

 

「パソナキャリア」は東京・大阪・名古屋などエリア毎に高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーおり、丁寧で親切な転職サポートが最大の売りです!ひとつ上のレベルの転職を支援してくれます。↓↓

パソナキャリア

MR以外のキャリアをお考えの方へ type転職エージェント

一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)、ITエンジニア・営業職・企画職・ものづくり(メーカー)の求人・転職に強いのが「type転職エージェント」です。もちろん専任のキャリアアドバイザーが付き、最適なキャリアをご提案します。

 

MR向けの求人もありますが、製薬業界に限らず、幅広いキャリアをお考えの方におすすめしたいのが「type転職エージェント」です↓↓

正社員の転職を無料支援!
typeの人材紹介

メディカル営業求人が多く関東圏に強い! マイナビエージェント

メディカル営業の求人が多いのが「マイナビエージェント」です。マイナビエージェントには3つの大きなメリットがあります。それは、

 

①関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富!
②20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプがある!
③応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート体制!


などのメリットがあります。

 

またマイナビエージェントは、求人を閲覧できるだけの転職サイトと異なり、業界職種に精通したキャリアアドバイザーからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービスがあることです。

どちらかというと関東圏の方に限定されますが、首都圏での勤務を希望されている方にも向いている転職サイトです!↓↓

首都圏のIT・営業職求人、大手・優良求人多数。転職はマイナビエージェント

薬剤師のMRの方はこちら! リクナビ薬剤師


2011年に『薬剤師求人バンク』としてサービスをスタートしたのが「リクナビ薬剤師」です。2012年9月には『リクナビ薬剤師』に名称変更し、「薬剤師がやりがいの持てる職場に就業し、雇用する企業・医療機関も発展していく世界の創出」をビジョンに、薬剤師の方と企業・医療機関様との出会いをサポートしています。薬剤師に特化した転職サイトです。

 

製薬会社MRの中には薬剤師の資格を持った方が多くいらっしゃいます。そしていざ自分の会社が早期退職を募集した際に、その資格を生かしてキャリアチェンジする方を私は多く見てまいりました。薬剤師の資格をお持ちのMRの方で、調剤薬局や病院の薬剤師へのキャリアチャンジを考えている方、またはある程度の年齢で「また調剤が出来るのかな?」という心配をお持ちの方も、まずはエージェントからご意見を伺うことでも登録される余地はあるでしょう↓↓

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

製薬会社MRがおすすめする転職サイト・エージェント8選! まとめ

私自身は初めての転職の時に転職サイトに登録して、エージェントを通して理想の転職を果たすことが出来ました。その時のエージェントの方は親身に相談に乗ってくれ、また土日関係なく私の予定を優先して電話での面談をしてくれました。今私が理想的な仕事環境と生活環境が送れているのも、あの時のエージェントの方が親身に応じて頂き、理想の転職へと導いてくれたお陰だと思っております。あの時のご恩は今でも忘れることはありません。

まだどの口コミサイトを見ても「懇切丁寧に対応してくれた」という一方、「明らかに自分の収入のために勧めてきているのが見え見え」や「対応が悪かった」という反応もあります。これはやはり人:人で接している以上、転職サイトに関わらずどちらにも転ぶ可能性は十分にあります。

 

ですので、どんなに口コミや評判が良いサイトでも「ここは自分には合わない」と思うことはありますので、複数の転職サイトを登録されることをおすすめ致します。複数の転職サイトを登録する理由はそれだけではありません。エージェントによっては貴方の市場価値の見方も違うからです。多角的な第三者の視点で自分の「市場価値」を判断して、いざ来るべき「リストラ」に備えて「自己分析」を進めておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました