製薬会社MRの人脈は転職に役立つ!

製薬会社 転職ノウハウ
スポンサーリンク

いざ会社からリストラが発表された時に、先行きが不透明になりますよね。いざ会社を辞める事になり、転職活動を行うにしても、この製薬業界人余りの状況では求人も少なく、各社リストラを断行しておりますので、少ない椅子を巡り競争は激しくなります。

ただでさえ高給取りで、フリーな時間も多い自由度の高い職種と言われているMR職から他業種に転職するのは、特に生え抜きで製薬会社一本で来た方には給料面と仕事量、さらには仕事の質から、かなりハードルが高いと思います。どなたもやはり「MRを継続したい!製薬会社に勤め続けたい!」という方が多いのではないでしょうか?

 

そこでいざ困ったときに生きてくるのが製薬業界内での「人脈」です。「人脈」は転職の際、かなりの確率で有利になります。私が体感した「人脈の大切さ」についてご紹介致します。

スポンサーリンク

製薬会社の転職には人脈が生きる!

「製薬会社の転職には人脈が生きる!」

これは私の実体験から言える事です。私は1度目の転職は転職サイト会社を利用して転職を行いましたが、2回目4回目の転職は懇意にしている方からお誘いを頂くことで、転職を叶える事が出来ました。人脈を介して転職をするメリットとしては

「転職サイトを通しての面倒な手続きを踏まなくても良い」

紹介してもらう事で、入社の確率がかなりの確率で高くなる」

「自分が行きたい会社に行く事が出来る」

「自分の行きたい会社の方から生の声を聞く事が出来る」

 

というメリットが上げられます。特に製薬会社MRとして医薬品卸や得意先でメーカー同士仲良くなる事が多く、その時々の人脈づくりが後々になって大事になって参ります。

製薬業界での人脈の作り方

私は結果論として人脈を生かして望み通りの転職を2回果たす事が出来ましたが「人脈作り」を決して意識していたわけではありません。たまたまフィーリングが合う他社MRの方と懇意にしていたということもあり、それがたまたまスカウトに結びついただけです。

 

1回目の人脈を通じての転職は、前職で懇意にしており、転職した後も年に数回連絡を取っていた方にお誘い頂き、希望通りの転職を果たす事が出来ました。年に数回連絡を取っていた方が、たまたま2年後に私の転職先の赴任地に転勤して来た事で、さらに懇意にさせて頂いたのです。

 

その時にその会社の良い部分、悪い部分を沢山聞いているなかで、「そこの会社に入りたい!」と思うようになりました。そこから「中途採用の募集があれば是非紹介して欲しい!」ことを猛烈にアピールした結果、最終的にはその方の上司とも懇意にさせて頂き、中途入社に繋がりました。

 

これは運命だとも感じております。別の記事でもご紹介致しましたが、会社を辞めても関係が続く方というのは永久的に続きます。人と人の繋がりがいかに大事かということを認識させられました。

製薬会社MR 大リストラ時代到来!今後路頭に迷わないために思うこと
世間は人手不足の中、人あまりと言われている製薬業界。2018年4月の薬価改定以降、製薬会社全体的にリストラの発表が相次いでおります。いざ自分の会社からリストラが発表されて、自分がターゲットにされたら?!いざという時のための備えについて、医薬品業界転職歴3回の私が、路頭に迷わないためのノウハウをご提供致します!

また2回目の人脈を通じての転職は、前職でお世話になった先輩が出世して違う会社に行ったのですが、そこの会社からお声掛け頂きました。今の会社にいる方との人脈形成も非常に大事です。いつどこでどのように繋がるかなんてわかりません。

 

あと重要なのは「SNSでつながっておくこと」です。今はいろんなタイプのSNSがあり、世界中どなたでも繋がっていることが出来ます。私は会社の同僚や現在そして過去にお付き合いのあった他社MRと繋がっております。ここで一番重要なのが「その人の投稿にたまにコメントすること」です。いいね!だけではだめです。たまにコメントすることでその人とよりつながることが出来、上述したようにいざいという時にお誘いの連絡をくれたりするものです。

将来困らないためにも 普段から心がけておきべき事

「どなたでも素直に謙虚に接する事!」

私が常日頃から心がけている事です。人はいかに仕事が出来る方でも「素直さと謙虚さ」がなければ人は離れていってしまいます。

 

仲の悪かった製薬会社MRが、気がついたら合併して同じ会社で仕事をする事が来る時代となっております。そうなった時にお互い良い仕事が出来るはずがありません。

 

人は「素直で謙虚」な人に付いて来ます。製薬会社MRの中には、会社が大きいからといって、中堅メーカーを見下している方がおります。また得意先と比較し、医薬品卸MS・コメディカル、さらには講演会を行うホテルスタッフへのの対応が明らかに違う方もおります。もしスカウトする側であれば、いくら仕事が出来る方と言われても、スカウトする気にはならないはずです。

 

得意先・コメディカル・医薬品卸MS・同業他社、全ての方に平等に「素直に謙虚」に接している方であれば、ある程度仕事が出来るという評価があることは大前提ではありますが、必ず良い事があるでしょう。

製薬会社MRの人脈は転職に役立つ! まとめ

人脈の大切さについて私の実体験を元にご紹介させて頂きました。「人脈」も大切ですが、そればかりに頼っていてはいけません。たとえ得意先や競合他社MR・医薬品卸MSの評価が高くても決して自惚れてはいけません。

 

「自分は他社に行っても通用するのか?」

「今の自分の実力値はどのくらいだろうか?」

 

以上のことを常に自問自答し、「素直に謙虚に」自己スキルを高めていく必要があります。また実力値を知るのには「人脈」以外に転職サイト複数社に登録して、「今の自分の価値」「今の自分の実力値」を知ることも大事です。

コメント

  1. […] 製薬会社MRの人脈は転職に役立つ!会社からリストラが発表されて、転職活動をしようにも年齢的にも難しいかも…そんな時に大切にしてきた人脈が生きて、望み通りの転職を果たせた […]

タイトルとURLをコピーしました