副業を考えているMR必見!新書『「復業」で成功する』を読むべし!

スポンサーリンク
働き方改革

「MRのみなさん、副業を考えたことありますか?」

2019年4月の「働き方改革関連法」施行により、ただでさえ働きやすかった製薬業界でも、今まで以上に働きやすくなりました。またその一環で「副業」を解禁する製薬会社も周りを見渡す限り増えてきた印象があります。

製薬業界では2018年以降、リストラ(早期退職)の波が止まりません。今後毎年行われると言われている「薬価改定」や全国各地で始動している「フォーミュラリー」によって、パイプラインが気弱な製薬会社は、生き残っていくのが難しくなり、今までリストラ(早期退職)を行わずに給与面や福利厚生などで調整しきた製薬会社も、もはや限界と言えるでしょう。

 

「製薬会社に勤めれば将来安泰!」なんてのは過去の話で、これからは自分の身は自分で守っていかなくてはいけません。皆さんはすでに対策を講じてますか?それでも製薬業界はまだ他業種に比べると何かと恵まれているので、私の周りでも副業に手を出している人は、不動産を除いてほとんどおりません(やっていても言わないか・・)

しかしそうは言ってられない世の中になりました。リストラ(早期退職)が行われて、特別退職金に目が眩んで衝動的に手を上げたがその後なかなか次の仕事が見つからない・・皆さまの身の回りにもそのような方は多いのではないでしょうか?そんな時に副業をしておくだけで、多少の収入がある安心感は全く違います。

 

そうは言っても「会社の就業規則がよくわからないから」などと理由を付けて、やりたくてもやってないという方が大半かと思います。そこでそんな皆さんを「副業をやり気にさせる!」新書を発見致しました。それが現役弁護士の元栄太一郎さんが書いた『「復業」で成功する』です。

 

病院や卸の訪問規制で時間を持て余しているMRの皆さんにスキマ時間の読んで欲しい新書『「復業」で成功する』の中身から、MRが副業をやった方が良い理由について解説して参ります。

これからの時代に必要な「パラレルキャリア」

スポンサーリンク

みなさま「パラレルキャリア」という言葉をご存知でしょうか?『「復業」で成功する』の文中でも紹介されておりますが、「パラレルキャリア」とは経営学者で有名なピーター・ドラッガーが提唱した概念で「一つではなく複数の活動を行うこと、並列したキャリアを気づいていくことにより、自分の価値を高めていく」という生き方の提案のことです。

私たちが生きている今の世の中は、所属している組織よりも私たちの寿命の方が長くなったという社会的変化があります。そのような変化の中で一つの組織にしがみ付いているだけではなく、あらゆるキャリアを経験しておいた方が良いというのが「パラレルキャリア」という概念です。まさに働き方改革の今の時代に即した考え方と言えますし、今の流動的な時代に副業を推し進める考え方とも言えます。

会社の就業規則をみたことがありますか?

働き方改革で製薬業界は「副業」が認められる会社が増えてきました。しかし一部の製薬会社では信じられないことに未だに「副業禁止」という会社がありますが、ところでみなさまは会社の就業規則をご覧になったことはありますか?会社の就業規則の中に「副業」についての記載が必ずあるはずです。まずはそこを確認しましょう。

 

では就業規則のどのあたりに「副業」についての記載があるのでしょうか?ほとんどの会社が「服務規律」のところに記載があります(大概は就業規則の真ん中あたりにあります)ほとんどの会社が「上長の許可を持って認める」や「同業他社での就業禁止」旨の記載があったりかと思います。

このご時世で「副業禁止」と謳っている製薬会社はもはや時代遅れです。古風な考え方は社員の成長をも止めてしまいます。そのような製薬会社の将来性はあるとは言えません。新たな道を模索するべきでしょう。

これからは「副業」をやっているのが当たり前の時代がやってくる!

スポンサーリンク

これだけ世間が「副業」と騒いでる中で、「副業」をやらない手はありません。しかし「副業」と言っても「何を初めて良いのかわからない」という方が大半かと思います。

そこでMRにおすすめなのが、スキマ時間や就業時間外に実施できるアフィリエイトや覆面調査、そしてアフィリエイトのキャッシュバックです。なぜMRにアフィリエイトがおすすめなのか?については記事を書いてますのでこちらをぜひご覧ください↓↓

製薬会社MR副業時代!アフィリエイトがおすすめ!
働き方改革関連法が施行され、製薬会社各社も働き方がフレキシブルになって参りました。製薬業界の先行きが不透明な中、副業の重要性が高まってきております。昨今の医療機関の訪問規制強化で時間を持て余している製薬会社MRにおすすめな副業が「アフィリエイト」です!

医療機関の訪問規制や働き方改革によって、時間を持て余しているMRはかなりいらっしゃるかと思います。そんなスキマ時間や早く帰れるなら、ご自身やご家族の将来のために時間を使うべきです。上司や同僚のグチや自慢話ばかりの飲み会も無駄です。無駄なことに投資するなら将来の自分自身のために投資をしましょう。

『「復業」で成功する』には副業ノウハウが満載!

では新書『「復業」で成功する』はなぜMRにおすすめなのか?について解説して参ります。著者の元栄太一郎さんは、現役の弁護士でありながら、「弁護士ドットコム」の創設者であり、参議院議員としての顔を持つ、まさに「パラレルキャリア」を描いている方です。

本をぜひ読んで頂きたいのですが、ざっくり本の中身について紹介すると、

①今の時代のなぜ副業(複業)をすることが必要なのか?をご自身の体験から教えてくれる

②こんな副業はだめよ、を弁護士の視点から教えてくれる

『「復業」で成功する』を読むと、先行き不透明な製薬業界で、時間もお金にも余裕のあるMRが今すぐ副業を始めなければならない理由がわかるはずです!ぜひスキマ時間に読んでみましょう!

副業を考えているMR必見!新書『「復業」で成功する』を読むべし!まとめ

2020年も4月にはすぐに薬価改定があり、薬剤費ベースで4.38%ダウンすることがすでに発表されております。

薬剤費ベースで4.38%減、20年度薬価改定率  厚労省 | 日刊薬業 - 医薬品産業の総合情報サイト
 厚生労働省保険局医療課は20日、2020年度薬価改定率が薬剤費ベースでマイナス4.38%になると公表した。医療費ベースではマイナス0.99%になる。  そのうち市場実勢価格加重平均値調整幅方式…

この薬価改定で新薬がない製薬会社は大きな打撃を受け、リストラ(早期退職)が加速することは間違いありません。ここ2、3年で多くの製薬会社がリストラ(早期退職)を実施しましたが、これからは今までリストラ(早期退職)を行ったことのない製薬会社でもリストラ(早期退職)を行う可能性はかなり高いと言えます。

 

いざリストラに直面した時に「何も対策をしていなかった・・」では手遅れで路頭に迷うことになります。そんな時に「副業」という後ろ盾があるだけで精神的にもかなり違いますし、何よりも「副業」は「本業」にも生きます。私もこんな自分自身の転職・リストラ体験談をブログに書いていますが、書類を各スピードが格段に早くなりましたし、そして感性も敏感になりました。スキルアップと言う意味でも「副業」はおすすめです!

 

まずは『「複業」で成功する』を読んでみて、ご自身とご家族の将来のために一歩踏み出しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました